結婚・恋愛カウンセラー LIFE & VALUE menu menu2

03-3830-0892

header
ライブバリュー物語

ライブバリュー物語

一生独身かもしれない!?

株式会社ライフ&バリューの篠田高昭です。

 

最初に私自身がどのような経緯を辿り結婚相談所を

経営するようになったのか?

 

そんな私の人生のストーリーをお話したいと思います。

 

篠田高昭のプロフィール

 

1度目の結婚に終止符を打ち、

大学生が住んでいたような小さなアパートで

一人暮らしを始めたのは、36歳の

初夏だったと思います。

 

東京の下町にある古ぼけた小さなアパートと

職場との往復の日々。

 

仕事が休みの日の夕方は、アパートから歩いて

5分程度の荒川の土手を

ひとり散歩するのが日課でした。

 

河川敷の辺に座り、子供たちの遊ぶ声を聞きながら、

ぼんやりと時間を過ごしていると、西の空に夕日が

沈んでいくのに気づき、その夕日を眺めながら、

溢れてきたとめどない涙を今でも思い出します。

 

そして、そんな仕事とアパートの往復の

生活を約3年……

 

すでに39歳になっていました。

 

40歳を目前にしたある日「このままでは

一生独身かもしれない……」

 

そんな思いが脳裏に浮かびました。

 

「やはりもう一度結婚したい!」

 

その時、本気で思い、自分なりに再婚を目指す

結婚活動を始める決意をしました。

 

既に、年齢が30歳後半、バツイチ、同居はしていないが

子持ち、自営業。

特に女性との出会いの場もなく、積極的に女性が

いる場所に行き、声を掛けるようなことも出来ず……

 

手ポータルサイトが運営している出会い系サイトに

登録はしてみたものの、ブレスレットを騙し取られる

笑い

 

そんな感じでした。

 

こんな中で、女性と結婚をするにはどうしたらよいか?

 

2度目の失敗はしたくない……

 

残りの人生40年を最後まで一緒に暮らせる

女性と結婚したい……

 

 

そんな想いのなか、私の頭に浮かんだのが

『結婚相談所』という選択でした。

 

そして、ネットである結婚相談所を見つけ、

その結婚相談所に入会をしました。

 

そんな簡単ではなかった!?

入会当時考えていた事は、6か月くらいここで

活動をすれば、結婚相手が見つかるかるだろう……

 

その女性と結婚して、子供二人くらい生んで、

贅沢は出来ないけど、普通の結婚生活が

出来たらいいな……

 

そんなざっくりとした私の再婚ストーリー

のイメージでした。

 

でも、実際はそんな簡単ではありませんでした。

 

お見合いの申し込みをしても、コトゴトク断られ、

たまあに「お見合い」をしてもなんとなく心が

動かなかったり……

 

素敵な人だなと思っても、お相手の方から

断られたり……

 

中には、お見合い後、1か月以上交際した

方もいましたが、いざ結婚となると

私が自営業で年収が安定していないことや

子供の養育費のこと、等で、その先には

進まないこともありました。

 

それ以降も試行錯誤の連続……

 

仕事をしながらの結婚活動……

 

思うようにいかない焦り……

 

先の見えない不安感……

 

これは経験をした人しか理解できないような、

そんな日々だったような記憶があります。

 

でも、数々のお見合いや経験を通じて、自分自身

と向き合う事が多くなり

私の中に小さな変化も起き始めていました。

 

それは「自分自身の結婚に対する執着、こだわり、

思い込み、見栄、考えの歪み、等があることを

自分自身で認知し始めたことです」

 

かわいくて若い女性と結婚して、

離婚を反対した人たちを見返してやりたい……

 

友達、友人に自慢したい……

 

良い子供を産むには、聡明な女性と

結婚しなくちゃ……

 

教養があり、それなりの家庭の女性と

結婚したい……

 

よくよく考えると、これって、

まさに自分のコンプレックスの

裏返しなんです。

 

あるいは、周りに人間に対する復讐。

(笑い)

 

もし、そんな想いのまま女性と結婚したら、

いつも結婚相手を通じて自分はコンプレックスを

抱えたまま生活しなくてはならないし

 

長期的には上手く行かなくなるのは間違いないな……

 

私は、その時に気付きました。

 

そして、それから自分らしい結婚相手、

お見合い相手を選ぶように行動を変えました。

 

あれから2年3ヶ月が経過していた!?

 

自分の婚活の方向性に間違っている事を

気付いた私は、自分のコンプレックスの

裏返しのお見合い相手を選びを辞めました。

 

自分らしくいられる結婚相手選び……

 

 

具体的には、自分のプロフィールも変え、

相手への希望として、

子供さんがいてもOKと変えました。

 

それは、離婚経験があり、逆に子供さんを

シングルマザーで育ていている女性の方が、

今の自分には合うような気がし、

そのように変えました。そこまで気づくのに

約2年が経過していました。

 

その後、何人かの子供さんがいる女性と

お見合いをしたのを覚えています。

 

でもなかなか「この人と結婚するかもしれない」

という感覚になれる女性には会えないまま、

それから更に3か月が経過していました。

 

「このまま続けても、もうダメだな……諦めよう!」

 

そんな想いを持ち

 

「そろそろ結婚相談所を退会の意思を伝えよう」

 

と思い始めた頃です。

 

そんな事を考えているいるときに、結婚相談所から

1本の電話がありました。

 

「篠田さん、お見合いの申し込みが

来ているからお写真を見に来て!」

 

その時、自分自身が思ったのは

 

「このお見合いの結果がどうなるかわからないけど、

 これで最後にしよう。2年半、お前は

 本当によく頑張ったよ!」

 

出たな……妖怪!?

今回の「お見合い」を最後に結婚相談所を

辞めようと考えていた私は、2年間のプレッシャーから

解放されて、春の軽やかな陽気からか、

何の気負いもなく晴れ晴れとした気持ちで

お見合い場所に向かったのを

覚えています。

 

お見合い場所は、東京の皇居前のパレスホテル。

 

待ち合わせ場所は、最上階にあるレストラン

だったような気がします。

 

少し早めに着いた私は席に座って、窓の外に見える

広大な敷地の皇居をボンヤリと眺めていました。

 

「こんにちわ。○○です。篠田さんですか?」

 

声を掛けられ、そちらを見ると、ひとりの

女性が立っていました。

 

「篠田です。はじめまして。今日は

よろしくお願いします」

 

単な挨拶を終え、レストランがお勧めの

2500円のケーキセットを2つ注文しました。

 

 

今日で私の婚活生活も最後だし???

 

2人で5,000円だけど、まあいいか……

 

今の彼女からは想像できませんが(笑い)

 

 

篠田珠絵のプロフォールはこちら

 

 

その時の彼女は、結婚相談所に入会し初めての

お見合いでとても緊張しているのが

私にもわかるほどでした。

 

大皿にデコレーションされたケーキを

“パクパク食べる姿”は、

食べ盛りの女子高校生のようで

 

私は心の中で『出たな妖怪!』と思わず叫んでしまいました!

)^o^(

 

妖怪???も大好物のケーキを食べ終わる頃には緊張も

ほぐれたようで普段の彼女に戻っていました。

 

窓から見える外の景色は、春らしく

 

「皇居でも散歩しませんか?」と彼女を散歩に誘いました。

 

皇居には、ちょうど桜が咲いている季節だったので、

多くの方々がお花見に来ていました。

 

「この○○桜は綺麗ね!」

 

「この△△は、良い香りがしますね!」

 

彼女は、皇居を散歩しながら草木について、

私にいろいろと説明してくれました。

 

初めて会ってから約3時間。

 

暖かった日差しもだいぶ傾きかけ、少し肌寒くなって

来ていました。

 

「もうそろそろ帰りましょうか? 

 帰りの電車はどちらですか?」

 

「○○線なんで、このまま有楽町まで歩いてから

 帰ります。でも今日は子供がいないので、

 少し買い物でもしてから帰ろうかと……」

 

「そうですか。じゃ、夕飯でも一緒にどうですか?

 

 今日はエイプリルフールだし……」

 

今日はエイプリルフール……

 

私の心の中で、エイプリルフールという言葉が、

何度も繰り返されました!

 

今日はエイプリルフール……

 

嘘の世界……

 

偶然が必然となり結婚!?

エイプリルフールから始まった不思議な出会い……

 

そして結婚。

 

 

出会ってから一か月後には、彼女にプロポーズをして、

結婚する事が決まりました。

 

「今回のお見合いで最後にしよう!」

 

と臨んだ中年男性に、いたずら好きの神様が

最後の最後にプレゼントをしてくれたのか?

 (^_^)v

 

再婚すると決意した時から、2年半の間続いた

私の長~く、そして辛~い、

婚活はようやく終了しました。

 

縁というのは不思議なモノです。

 

このお見合いで最後にしようと決意して臨んだ私と、

結婚相談所に入会して初めてのお見合いの彼女が、

ここで出会い結婚をするとは!

 

 

彼女と結婚が決まった後、彼女といろいろな

をする中で

 

「自分たちが結婚するきっかけになった結婚相談所

 をふたりでやったら 面白いものが出来るのでは?」

 

そんな想いが、少しずつ私の中に芽生えてきました。

 

「ねぇ……一緒に結婚相談所をやらないか?

 ふたりでやったらきっと上手く行くよ」

 

「うん、私もやりたいと思ってた」

 

最初の苦しい時期を支えたのは想い……

 

結婚を願っている独身の男女に、

結婚後40年一緒に成長できる結婚を……

 

自分たちの想いを形にするために、

それぞれの仕事の合間を見ながら、

ふたりで結婚相談所の計画書づくりを

スタートさせました。

 

その時に私たちがいちばん拘った事は

 

『会員さまに幸せな結婚をしてもらう

 ことを目的にする』

 

『しかも1年以内を目標に』

 

『料金も出来るだけリーズナブルで良心的な

 料金体系にしたい』

 

『会員さまの成婚(率)を徹底的にこだわる』

 

これが、私が2年半の結婚相談所を通じて

得た経験や知識、情報。

 

そしてその時考えていた事、結婚相談所の問題点、

課題から出て来たこだわりでした。

 

そして、実績のある結婚相談所のホームページ、等を

参考にさせていただき当社のホームページを制作して

結婚相談所をスタートさせました。

 

いまから思うと、お金もなく、有力な協力者もいない中、

熱意と想いだけでの営業活動……

 

生き残るが大変な業界でなんとかやってきました。

 

私たちの結婚相談所の考え方に共感していただいた

会員の皆様、いろいろなアドバイス・助言を

してくださった結婚相談所の諸先輩の皆様……

 

ここまでやって来られたのも様々な方々のご支援、

ご協力あってのことだと心より感謝しています。

 

あれから10年……夢が形に!

今から10年前に、私と妻が描いた想いが、

少しずつ形になり、今では多くの会員さまに

ご入会いただき、そして多くの会員さまに

幸せな結婚をしていただいています。

 

結婚が決まった方の様子はこちら

 

創業期から計算すると、入会者のうち約50%の方

が成婚退会をし、またそれ以外に活動中の10%の

会員さまが当社のシステム外で

結婚が決まり、退会されています。

 

 

※創業時期からの総退会者÷結婚が決まり退会された方

 

単に結婚相手、パートナーを機械的に仲介する

結婚相談所ではなく

 

40年一緒に成長できるパートナーとの出逢いを

サポートしたいと考えています。

 

いかがでしたか?

 

これが私の婚活ストーリーです。

 

今から思うと、結婚パートナーと出逢えるかとうか

それは、紙一重・・・・0.008mmくらいの差だと

確信しています。

 

その紙一重・・・・0.008mmを引寄せるには・・・・

 

 

是非とも当社にお問合せください。

 

私たちの経験と知識、そして知恵・・・・・

 

結婚パートナーとの出逢いを目指している皆様の

力になれると本気で考えています。

 

婚活をお考えの方はお気軽にお問合せください。

 

皆様にお会いできるのを心よりお待ちしています。

 

篠田高昭

> 新着記事一覧へ戻る

ご入会の無料相談、資料請求、カウンセリングのお申し込み お気軽にお問い合わせください!03-3830-0892 平日:12:00~21:00 土日祝 :9:00~21:00 定休日:不定休Webお問い合わせは こちらから
ご入会の無料相談、資料請求、カウンセリングのお申し込み お気軽にお問い合わせください!03-3830-0892 平日:12:00~21:00 土日祝 :9:00~21:00 定休日:不定休Webお問い合わせは こちらから
LIFE & VALUE on You Tube > 動画配信しています!